キエフインテリアデザイナー

キエフインテリアデザイナー

キエフインテリアデザイナー

 

Webサイト制作やグラフィックデザインなどに携わっていると、どうしてもパソコン前での作業が増えがちになります。

 

すこしでも快適に作業をおこなうためにも、気持ちよいインテリア、空間作りを考えてみてはいかがでしょう。

 

 

Web Design Ledger30 Examples of Creative Wooden Office interior Design

 

 

フル回転していた頭をリフレッシュしてくれる、快適オシャレ空間が広がっています。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

こんな所で働きたい、世界のオフィスインテリアデザイン

 

[note_box]それぞれの写真より、詳しい情報、イメージ写真などを見ることもできます。よろしかったら一緒にどうぞ。[/note_box]

 

☞ アメリカ / オレゴン州

 

 

 

☞ オランダ/ アムステルダム

 

 

 

☞ 日本 / 東京

 

 

 

☞ スイス / チューリッヒ

 

 

 

☞ オランダ / アムステルダム

 

 

 

☞ アメリカ / オレゴン

 

 

☞ オランダ / アムステルダム

 

 

 

☞ アメリカ

 

 

 

☞s アメリカ / ミシガン

 

 

 

☞ 場所不明

 

 

 

☞ ルーマニア

 

 

 

Dtac Headquarter

☞ タイ / バンコク

 

 

 

☞ ウクライナ / キエフ

 

 

 

☞ アメリカ / オレゴン州ポートランド

 

 

 

☞ エストニア

 

 

 

☞ オランダ / ロッテルダム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☞ アメリカ / アトランタ

 

 

自宅のワークスペースを中心に、カラフルなインテリアを集めています。

 

Source: http://photoshopvip.net/34665



動画を見ます キエフインテリアデザイナー

Royal City Hotel - Hotel in Kiev, Ukraine

2015年9月に台北に新しくオープンしたホテル プロバーブズ タイペイ「HOTEL PROVERBS TAIPEI」「賦楽旅居」に早速宿泊してきました。オープンする前から、色々話は聞いていたホテルなので、ずっと楽しみにしていました。

大規模ではない、デザイナーズホテル、ブティックホテルと言われるジャンルですね。台湾の地元企業、グロリアホテルグループが新築で建てたホテルです。プリンスホテルから始まって、デザイナーズホテルは、元カラオケのビルを改装したHOTEL QUOTEが台湾の十月設計の陳瑞憲さんの設計でソコソコ人気になり、今回は新築で、建築から内装デザインまで、陳瑞憲さんの設計。しかもとても便利な場所にオープンしました。

いきなりタクシーの扉を開けて、名前で出迎えられました。

ホテルの場所は、これ以上便利な所は無いぐらいの場所です。MRTの忠孝復興駅から歩いて5分程度、松山空港からは10分程度で到着です。SOGO百貨店の斜め裏で、色々な飲食店の密集地帯です。便利な場所です。

ホテル プロバーブズ タイペイ「HOTEL PROVERBS TAIPEI」建物はコンパクトですが、密度が濃い!

ホテルの建物自体は、小さいです。12階建ての1Fから3Fまでがパブリックスペース。1Fがエントランスの脇にベーカリーカウンターと、夜はステーキハウスのメインダイニングになってます。

ゲストは、1Fは素通りして3Fに案内されます。3Fロビーフロアとカフェバーがあります。4F以降が客室の構成です。

エレベーター前の空間

狭いのをミラーで壁、天井に仕上げてカバーしてます。

3階に到着するとこんな感じです。

レセプションがここなんですが、本当に狭い。チェックアウトの混雑時、どうしても対応が悪くなりそう、、、

夜は、インテリアデザインが良い感じで、イケテル感がありますよ!

オープンしたてでも、早いもの好きな若者で夜の小さいバーは結構賑わってました。

デザインは、クラシカルなディテールに、モダンなエッセンス。そして、インダストリアルなマテリアル。

デザインは、良い意味での陳瑞憲さんワールドです。クラシカルなディテールに、モダンなエッセンス。インダストリアルなマテリアルたち、、、、それにエロチックな雰囲気。今っぽさ、艶ぽさのある独自な雰囲気が有ります。こういうデザインって、それっぽくしようとすると、チープなイヤらしさになってる場合が有るのですが、しっかりとした、ディテールとマテリアルで、上質感を充分出してると思います。

ただ、あえて言わせてもらうと、最近の仕事の流れから、ぐっと突き抜けた感じがないんですねー。陳瑞憲さんのデザインをよく知ってるわたしからしたら、チャイナエアラインの新しい桃園ラウンジのプロジェクトもですが、何だか、今回も同じ感じだなーと印象も受けました。

ただ、陳さんの独自のこの空間感覚はいつもさすがだなーと感心させられます。もっと積極的にアピールしていけば、アジアの代表的なインテリアデザイナーになると思います。

次は部屋編に行きます。

Source: http://taiwan55.com/hotel-proverbs-taipei-part-1/



詳細について キエフインテリアデザイナー



約イメージ キエフインテリアデザイナー

http://engi.kiev.ua