レストランのデザイン

レストランのデザイン

レストランのデザイン

探している "レストランのデザイン"?

記事 レストランのデザイン

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます レストランのデザイン:

記事 #1

ロゴマークショップカード

イタリア語の入ったレストランメニュー

飲食店のホームページ

そんなあなたに

イタリア好きデザイナー

Source: http://www.tohara-design.com/italianopen/



記事 #2

 

ユーザーの求めている情報をうまく取り入れた、Webサイト制作トレンド、ポイント

 

 

Resturant Web Design: 40 Yummy Cafe & Restraurant Websites and Trends

 

 

今後ウェブデザインを制作予定の方は、参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

ユーザーの求めていることは?

 

カフェやレストランのWebサイトを、閲覧する環境はさまざまです。まずはじめに、ユーザーはなにを探しているでしょうか。いくつかのポイントに分けてみました。

 

 

[dropcap2]1[/dropcap2]

 

これまでによく利用されていた、ダウンロード可能なPDFファイルなどではなく、携帯やスマートフォン表示にも対応することで、より多くのユーザーの関心を惹きましょう。

 

 

[dropcap2]2[/dropcap2]

クーポン、ハッピーアワーなどのスペシャルオファー

 

はじめてのユーザーが、お店を訪れるきっかけにもなるスペシャルオファー。Twitter限定クーポンや、facebookプロモーションなども効果的かもしれません。

 

 

[dropcap2]3[/dropcap2]

オンライン予約サービス

 

記念日の予約を自宅のパソコンでしたり、人気店に向かう途中でスマートフォンで予約したりと、ユーザーにとってうれしいサービス。

 

 

[dropcap2]4[/dropcap2]

 

せっかく訪れたお店が閉まっていては、どうしようもありません。

 

 

[dropcap2]5[/dropcap2]

お問い合わせ先

 

メールによるお問い合わせフォールだけでなく、電話番号、住所なども一緒に記載しておきましょう。特にGoogle Mapに対応していることで、よりユーザーにも嬉しいですね。

 

 

 

 

飲食店のWebデザイン制作トレンド2012年度まとめ

 

 

[dropcap1]1[/dropcap1]

ビジュアルを意識した、フルスクリーンWebデザイン

 

 

[fancy_box]いくつかのカフェやレストランでは、料理などを撮影した、インパクトのあるイメージ写真を利用しています。美味しそうな料理はもちろん、雰囲気のある店内インテリア、サービスや特別オファーなどをスライドショーなどで表示しても良いかもしれません。[/fancy_box]

 

 

美味しそうな料理のイメージ写真を利用しているWebサイトの一例。色使いがとても鮮やかですね。

 

 

フルスクリーンで表示される、アート作品のような料理は、見ているだけでもユーザーを楽しませてくれます。

 

 

 

 

 

 

[dropcap1]2[/dropcap1]

さまざまな環境に対応する、レスポンシブWebデザイン

 

 

必要な情報をシンプル化してくれる

 

 

背景にフルスクリーン画像を利用しながらも、表示画面サイズに応じてナビゲーションメニューが最適化されるようになっています。

 

 

 

 

 

 

[dropcap1]3[/dropcap1]

誰にでも分かる、シンプルな操作性

 

 

[fancy_box]カフェやレストランだけに限らず、Webサイトの使いやすさ「ユーサビリティー」は、どのサイトにも必要なファクターのひとつです。ダウンロード型PDFメニューや、ページの読み込み速度が遅くなるフラッシュなどは、できるだけ避けましょう。

 

シンプルな文章を心がけることで、よりユーザーに伝わりやすく

 

 

ファーストビュー部分に、お店の一押し商品やサービスをスライドショーで表示しています。またサイドバーには営業時間や、イベント情報などが一目で確認することができます。

 

 

 

 

[dropcap1]4[/dropcap1]

ショッピングサイトを導入して、顧客ユーザーを増やそう

 

 

オンライン販売されているかどうか、全国発送はしているのか

 

 

インパクトのあるイメージスライダーが印象的で、クッキーやブラウニー、ジャムなどをオンライン販売しています。

 

 

 

 

[dropcap1]5[/dropcap1]

ソーシャルメディアを有効活用しよう

 

 

[fancy_box]facebookの日本でのユーザー数が1,600万人を超えた今、ソーシャルメディアの利用が、ユーザーを直接お店に呼び込むツールとなります。YouTubeで店内の様子を撮影したり、PinterestやInstagramでお店のメニューを紹介したり、Twitterによる告知などをしてみましょう。[/fancy_box]

 

 

トップページ部分にfacebookとTwitterへ招待するバナーをレイアウトしたレストランサイト。フォローしているユーザー限定割引、プレゼントなど、より心のこもったサービスを展開しています。

 

 

 

美味しそうな、カフェやレストランの参考Webデザインまとめ

 

 

色鮮やかで、思わず行ってみたくなる、そんな飲食関連Webデザインをまとめていますので、デザインアイデアの参考にいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 音が出ますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: http://photoshopvip.net/41045



動画を見ます レストランのデザイン

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

#15どうぶつの森ハッピーホームデザイナー実況プレイ【レストランを作る!】
http://engi.kiev.ua