薬 比較

薬 比較

薬 比較

探している "薬 比較"?

記事 薬 比較

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます 薬 比較:

記事 #1

しみ・そばかすのケアは飲み薬で

しみ・そばかすのない美しい肌を手に入れるためには、有効成分を配合した飲み薬で体の中からケアすることも大事。

ここでは、しみ・そばかす対策に欠かせない、3大成分の含有量やその他の特徴を比較し、おすすめの医薬品5つをランキングにしました。

気になるしみそばかす撃退のために、ぜひ試してみてくださいね。

しみ・そばかすに効くと評判の医薬品ランキング

第1位
ホワイトC錠

<公式サイト>
しみ・そばかす
に働く成分
Lシステイン アスコルビン酸 パントテン酸
カルシウム
240mg 300mg 24mg
特徴 「化粧品などでしみ対策をしているけど効果が実感できない」という女性のために開発された薬です。しみ・そばかす対策に有効な3大成分L-システイン・アスコ ルビン酸・パントテン酸カルシウムを高配合。角質に沈着したメラニンに働きかけ、薄く広がったものから濃いものまで、あらゆるタイプのしみにアプローチします。肌の新陳代謝やターンオーバーの促進効果も高く、しみができにくい肌質へと導きます。
第2位
ロスミンローヤル

<公式サイト>
しみ・そばかす
に働く成分
Lシステイン アスコルビン酸 パントテン酸
カルシウム
160mg 180mg 15mg
特徴 約40年前に誕生したしみ・小じわ専用医薬品。ほかにはない特徴として、9種類の生薬が配合されています。L-システインやアスコルビン酸のほか13種類の有効成分も配合。すでに受けてしまった肌ダメージを回復させながら、新たなしみ・小じわの生成を抑制し若々しい素肌をつくります。
第3位
キミエホワイト

<公式サイト>
しみ・そばかす
に働く成分
Lシステイン アスコルビン酸 パントテン酸
カルシウム
160mg 500mg なし
特徴 テレビCMでもおなじみの、しみ・そばかす対策専用の第3類医薬品。継続率約80%、累計販売数181万箱突破という人気で、多くの人に支持されています。 配合成分は、しみ対策に有効な「L-システイン」、「アスコルビン酸」、「ニコチン酸アミド」、「リボフラビン」などの成分。これらの成分による「防ぐ」 「薄める」「出す」「促す」のステップで、しみを緩和していきます。
第4位
新エバユースEC

<公式サイト>
しみ・そばかす
に働く成分
Lシステイン アスコルビン酸 パントテン酸
カルシウム
なし 2000mg なし
特徴 第一三共ヘルスケアから販売されているビタミン剤。メラニンの生成を抑え、コラーゲンの生成を助ける働きをもつビタミンCを1日あたり2,000mg配合。ビタミンB2、B6、ビタミンHも豊富に含まれていて、肌質を根本から改善します。
第5位
シミトール

<公式サイト>
しみ・そばかす
に働く成分
Lシステイン アスコルビン酸 パントテン酸
カルシウム
なし 1400mg なし
特徴 1日の摂取量6錠あたり2,000mgものビタミンCを高配合。体の内側からしみに働きかけ、今あるしみの色素沈着を緩和、メラニンの生成を抑制します。

しみ・そばかすの悩みを解消するならホワイトC錠!

しみ・そばかすに効く医薬品は種類が多く、配合成分も似ているためどれを選んで良いかわからないという方も多いはず。

効果に直接関係のある「有効成分の配合量」を比較した結果、特に優れていたのがホワイトC錠でした。

3大成分をバランスよく配合しているからしみ・そばかすに効く

ホワイトC錠の1番のおすすめポイントは、しみ・そばかすに効果のある3大成分をバランスよく配合していること。

L-システインの配合量は240mg

アスコルビン酸(ビタミンC)も300mg

パントテン酸カルシウムも24mg

肌のターンオーバーを促進し、しみを根本から改善!

肌のターンオーバーにも注力している

メラニンが肌にたまらない状態を作ることがとても重要

ターンオーバーの促進に特化しているホワイトC錠

「高級化粧品を試したりエステに通ったりしても効果ができなかった」、「皮膚科に行ってしみ取りをしたけど再発した」、「しみが気になるけど今まで特にケアしたことがない」など、しみ・そばかすに悩むあらゆる女性に試していただきたいホワイトC錠。

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

ホワイトC錠をもっと詳しく!→

Source: http://www.freckles-bihada.net/



記事 #2

妊娠検査薬15種類を一度に使用して、実際の感度を比較してみました。

使用したのは日本製の妊娠検査薬6種類と、海外製の妊娠検査薬9種類です。

高温期12日目(生理予定日の3日前)にフライング検査した時の画像で比較しています。

妊娠検査薬比較

日本製の妊娠検査薬

  • CheckOneFAST(チェックワンファスト) 検出感度 25IU/L
  • CheckOne(チェックワン) 検出感度 50IU/L
  • dotest(ドゥーテスト) 検出感度 50IU/L
  • Clearblue(クリアブルー) 検出感度 50IU/L
  • P-CHECK・S(P-チェック・S) 検出感度 50IU/L
  • WO+MAN CHECK(ウー・マンチェック) 検出感度 50IU/L

 

日本製の妊娠検査薬は、「早期妊娠検査薬」と呼ばれるチェックワンファスト以外は、尿中hCGの検出感度は「50IU/L」となっています。

※クリアブルーは正確には海外からの輸入品ですが、日本のドラッグストアで購入可能(オムロンが販売)のため「日本製」の妊娠検査薬の方にまとめています。

 

海外製の妊娠検査薬

  • 「DAVID」 検出感度25IU/L
  • 「Wondfo」 検出感度25IU/L
  • 「Luckytest」 検出感度25IU/L
  • 「Luckytestスティック」 検出感度20IU/L
  • 「A-check」 検出感度25IU/L
  • 「EGENS」 検出感度25IU/L
  • 「EGENSスティック」 検出感度20IU/L
  • 「WH」 検出感度25IU/L
  • 「SUZHI」 検出感度20IU/L

 

海外製の妊娠検査薬は、尿中hCGの検出感度は20IU/L~25IU/Lとなっていますが、実際に使用してみると、ほとんど差はありません。

直接尿をかけられるスティックタイプのものは、検出感度20IU/Lとなっているわりには反応が悪く、紙の検査薬と比べて値段も高いためオススメしません。

 

妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠検査薬の検査可能時期は、「チェックワンファスト」が生理予定日当日から、その他の日本製の検査薬は生理予定日の約一週間後からとなっています。

海外製の妊娠検査薬はほとんどが生理予定日の2日前(高温期13日目)からとなっていますが、実際に使用してみたところ、全ての検査薬で生理予定日前から陽性反応が出ました。

高温期12日目(生理予定日3日前)の検査結果

 

フライング検査にオススメの妊娠検査薬は「ドゥーテスト」、「クリアブルー」、「Wondfo」

日本製、海外製合わせて15種類の検査薬を使ってみた結果、フライング検査をするなら、日本製なら「ドゥーテスト」か「クリアブルー」、海外製なら「Wondfo」が良さそうです。(私調べ)

 

日本製の妊娠検査薬で、感度がとても良かったのが、「チェックワンファスト」、「ドゥーテスト」、「クリアブルー」の3つだったのですが、

「チェックワンファスト」は処方箋を取り扱う調剤薬局でしか購入できず、購入時に住所、氏名、電話番号を記入しなければならないなど何かと面倒です。(しかもちょっと高い)

日本製でフライング検査をするのであれば、「ドゥーテスト」か「クリアブルー」がオススメです。

画像は上から「チェックワンファスト」、「ドゥーテスト」、「クリアブルー」

いずれも高温期12日目(生理予定日の3日前)に検査したものです。

 

海外製の検査薬は、とにかくスティック型の検査薬がダメ過ぎました。(写真の上2本)

検出感度20IU/Lとなっているわりに、全然感度良くないです(笑)

紙の検査薬の方は、どれを使ってもだいたい同じ結果で、悪くなかったです。

尿に浸してから検査結果が得られるまでに一番早かったのが、中国製の「Wondfo」だったので、当ブログでは「Wondfo」を推しておきます。

 

注文時によくミスをして問い合わせますが(笑)、毎回迅速に快く対応してくださるので安心です(^^)

 

妊娠検査薬の感度を、種類ごとに詳しく見たい方は、こちらの記事もどうぞ

 

排卵日検査薬の比較はこちら

Source: http://afterchildbirth.net/pregnancy-4/



動画を見ます 薬 比較

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

総合診療医的糖尿病アプローチ 経口血糖降下薬について(比較的軽症編)前半
薬 比較